ガラスの修理を業者に依頼する前にするべきことがあります。それは何もしないことです。ガラスは危険です。特に尖った状態であれば、大けがをすることもありますので、なるたけ触れないようにしましょう。業者が来るまでは何もしないのが得策です。

■専門家だからこそ安心できる
業者が作業をするのが楽になるために、「サッシを外しておこう」など考えると、大失敗することがあります。またコーキングされている状態で、そう簡単に他が崩れ落ちるようなことは少ないですが、ちょっとした衝撃で他の部分が崩れ落ち、尖ったガラスでケガをすることがあります。

業者のことを考えてくれるのはありがたいことですが、近寄らないのが一番良いです。最低でも落ちているガラスを塵取りなどで回収する程度にしましょう。窓枠を触れたりしないこと、割れたガラスには十分気を付けるようにしてください。

■大きなガラスほど危険
DIYが流行していることで、ガラスの交換も自分できる時代になりました。ホームセンターにはガラスを扱う吸盤やガラスカッター、穴あけなども売られており、ガラスを発注することで自分で修理をすることができます。ただ大きなガラスほど失敗もしやすいです。

何よりも重く、対応を怠ると割ってしまい、それによってケガをすることもあります。ガラスの修理ができる業者だからこそ、安全に作業ができますので、自分で行わずに依頼するのがおすすめです。

■とりあえず業者に連絡を
割れた場合は片付けないといけないと思い込んでしまうことも多いですが、何もしないのが一番良いです。割れた破片も業者が丁寧に片付けてくれますので、あまり触れないようにしましょう。近寄らないことと、そして業者に速やかに連絡をすることが大切です。